BDCで配当まみれを実現 ー今週のポートフォリオー

ポートフォリオ

ハイサイよしおです。

私のポートフォリオ総金額のの約25%を占めるBDC。

BDCはBusiness Development Companesのイニシャルで、 新産業や有望な中堅企業等の事業開発を金銭面、経営面からサポートする会社です。

以前もこんな記事を書きました。

【BDC】高配当株大好きクラブ
BDC(Business Development Companes): 新産業や有望な中堅企業等の事業開発を金銭面、経営面からサポートする会社 月に一度の高配当大好きクラブの時間です。 はい皆さんこんばんわ。常に高配当株はないか...

BDCは利益の大部分を配当することで税金が優遇されており、そのため高配当を実現しています。

参考までに現在私が保有しているBDCの本日時点の年間配当利回りは次の通りです。

エイリス・キャピタル(ARCC) 9.63%

メイン・ストリート・キャピタル(MAIN) 7.79%

オウル・ロック・キャピタル(ORCC) 9.43%

今でこそここまで配当利回りは落ちましたが、現在16.61ドルのARCCについては、11.1ドルで購入し、その時点では配当利回りは15%を超えていました。

MAINもORCCも同様でした。

ジム・クレイマーなんかは、配当利回りが5%を超えていたらクソ株扱いしているようですが、このバブルもビックリの高配当。

なぜ、みなさんポートフォリオに一部でも組み込まないのか不思議でなりません。

だって、私はこのBDCの面々から年間200万円あまりの配当がもらえるんですよ。

しかも安い時に仕込めたので株価自体も値上がりしていて、MAINも当然コロナショックで爆下げしましたが、直前までは普通の株のように右肩上がりでしたからね。

仮にこれらのBDCが倒産してポートフォリオの25%が吹っ飛んだとしても、私の場合は本業からのインカムが安定しているので、その場合はセミリタイアの時期が遅れるだけです。

まあ、その場合は市場全体が瀕死だと思いますので、BDCだろうがP&Gだろうが、何を持っていても大差ないでしょう。

ただ、もしもこのコロナ禍を何とか乗り切って世界が再び安定すれば、このBDCは金の卵を産む鶏へと変身します。

これは一種の賭けです。

上手く行けばセミリタイアの実現度が増すし、失敗すれば遠ざかるという。

他の銘柄は概ねディフェンシブで固めているので、これくらいの冒険はいいでしょう。

 

今週のポートフォリオ

私のポートフォリオは次のとおりとなりました。

先週末と比べて+6,277ドルとなりました。

ETFは上げましたが、ARCCとMAINが少し落ちたので、全体的にはあまり伸びていません。

AT&T(T)は結局30ドルを切ってきました。そのまま行くと思ったんですが。

シバニェ・スティル・ウォーター(SBGL)は毎度のように爆上げしています。

日本株は先週末と比べて+32,950円となりました。

まちまちですが、一応微増。

先週、今週とまあ順調なので言うことなし。

今後のBDCとの付き合い方

BDCが今の株価でウロウロしている限りはこれ以上買い増しする予定はありません。

もし下がれば、状況を見ながらですが買い下がるだけです。

そして、その原資には連中からもらって積み上げてきた配当を充てます。

下がらなければ、そうですね、配当で私が保有していないグロース株でも買ってみましょうか。

 

 

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました