2021-03

FX

FXで保有中の外貨が極端な動きをしている ー今週のポートフォリオー

FX(外国為替証拠金取引)は一定の証拠金に応じて、その数倍の外貨が売買できる商品です。売りからも入れるので、上手な人は相場が上がろうが下がろうが利益を得ることができます。業者によっては多種の外貨を取り扱っていて、私は米ドルはもちろんのこと、南アフリカランド、トルコリラをいくつか保有しています。米ドルは、新型コロナからの回復や巨額経済対策の影響によって、昨日時点で109.67円/ドルと、円安へと傾いています。
ポートフォリオ

一般財形をやっているという甥っ子に説教したら意味不明な一言が ー今週のポートフォリオー

昨日は仕事帰りに甥っ子と近況報告を兼ねて、久しぶりに居酒屋で飲んでいました。その中で投資の話になったのですが、彼、一般財形しかやっていないとのこと。「一般財形をやる奴はファイナンシャルリテラシーが低い」という話しをしました。財形貯蓄には一般財形、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の3種類があり、住宅と年金については合計550万円までは利子が非課税の優遇措置があります。「投資のコトを考えるのが面倒くさい」「給料をもらったらあるだけ使ってしまう」という、お金の管理が下手な人のための制度です。その中でも一般財形はお金のことについて何も考えていない、かなり残念な人達のための制度なんですね。
ポートフォリオ

米国長期金利は上がっているけど市場は順調。資産の上昇も継続中 ー今週のポートフォリオー

米国の長期金利が1.6%前後でウロウロしている中、新規失業保険申請数は低水準。ワクチン接種が進むのと並行して、パンデミックの影響による社会混乱は鎮静化しようとしています。さらに、200兆円に上る追加経済対策法案が成立し、個人への直接給付も始まるので、この資金が株式市場に流れ込む期待を背景に、ダウも史上最高値を連日更新しています。米国長期金利は一時、1.6%を超えた時にガクンと下がったように、このまま長期金利が上昇していくと株式市場へ大きく影響するでしょうが、長期金利の上昇は景気回復のサインだと私はとらえているので、社会経済全体で見れば健全なサイクルなのでしょう。
ポートフォリオ

株高・ドル高の逆ダブルパンチで、結局好調を維持 ー今週のポートフォリオー

先週は「とうとうバブル崩壊か!」という株式市場の動きでしたが、今週は米国株も日本株も結局大きく戻しました。昨日は米国の2月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が予想より18万2000人多い37万9000人と、新型コロナの影響から大きく回復しています。米国長期金利は1.55%と、まだまだ上昇傾向。日米の金利差で円安ドル高が進み、一気に108円台に突入。これだけでプラス10000ドル程度の利益がでています。長期金利の動きに株式市場は敏感に反応する動きが続きそうですが、円安ドル高が続くのであれば、ある程度はマイナスを相殺しそうです。
タイトルとURLをコピーしました